生産体制?設備

生産体制

打ち合わせから納品までの流れをご紹介します。

 

生産体制流れ01

01 打ち合わせ

お客様からいただいた3Dデータや製品図面を基に、打ち合わせを重ねながら金型の設計図を作っていきます。

生産体制流れ02

02 材料の選択

金型の材料には加工性、軽量化、熱伝導性の良さから主にアルミニウム合金を使用しています。

03 裏面加工

エアー回路や型ベースへの取付穴等、機能形状の加工をします。

生産体制流れ03

04 表面加工

モデルデータを基に、CAD/CAMシステムで加工プログラムを作成し、製品形状の切削加工を行ないます。

生産体制流れ05

05 仕上げ

真空孔加工
(エアー回路へ通じる極細の穴加工を行ないます。)

表面仕上げ
(切削加工面の表面研磨を行ないます。)

生産体制流れ06

06 組立

金型を成形型ベースに組込み、調整しながら仕上げていきます。

生産体制流れ07

07 検査

完成後、金型の寸法検査や冷却回路、離型などの動作確認検査を行ないます。

生産体制流れ08

08 出荷

お客様へお届けするサンプル品や金型の梱包を行い、配送に備えます。

 

営業設計

金型製作の導入部分あたる、商品提案~図面設計を一貫して担うのが「営業設計」担当者です。

「こういうものが作りたい」とご要望いただいたお客様に、最適な作製方法を提案します。

 

 

設備

最新?高性能工作機械を積極的に導入しています。そして、様々な形状?サイズ?加工方法に対応できるよう、幅広い工作機械を揃えています。

 

また、下記の他にも多数の設備を保有しております。

 

加工?測定?検査

母材(素材)加工から、高精度な複雑形状加工まで対応致します。

 

 

小ロット成形

各種サンプル成形、小ロット成形など、各種成形方法も対応いたします。

 

 

 

 

生産体制?設備
営業設計
加工?測定?検査
サンプル成形、小ロット成形
Page Top
西瓜视频免费观看_114三级app_免费国产黄网在线视频